遠い100分!--江東シーサイドマラソン

秋も深まりマラソンの季節が到来しました。

11月30日、今シーズン最初の大会は、地元 江東区の「シーサイドマラソン大会」です。

ハーフマラソン(21.0975km)で今年、4回目の出場となります。

2回目から目標を”100分(1時間40分00秒) 切り”と定めて挑んでいます。


このシーサイドマラソンは天気に恵まれる事素晴らしく、過去第一回大会から雨にたたられた事が皆無な大会です。

今年も前日の大雨と裏腹に朝から快晴!

気温も14〜16度になる勢いでした。

地元の大会ってことも有り、毎年6名のRUN仲間と一緒に仲間内の上位を争いをします。(4名は100分手前のデットヒートなんです。)

前々回1時間41分38秒、前回1時間40分23秒、と順調に上げてきているのは私で、今年もディフェンディングチャンピオンです。

昨年の実績から、あと23秒縮めれば100分の目標達成!チャンピオンの座も守れそうです。朝から、いや、前日から何時になく緊張気味です。

スタート!隣にいた友達が飛び出します。トラックを一周して明治通りにでていきます。1K地点でペースは4分32秒、100分狙うなら維持したい丁度いいペースなんですが私にとってはきついんです。後ろから若い衆に追いぬかれ、スタートで飛び出した友達も見えません。

2k、3kと4分40秒台まで落ちていきますが、4分50秒ペースが目標なので取り敢えず気にしません。(ガーン(*_*; ゴール後に気がつくんですが、4分40秒を維持しなければ100分は切れないんです。)

4〜5㌔地点(木場近辺)で、仲間の応援に会います。「3番目だよ〜〜!」って声かけられ、前2人が誰か考えながらひたすら走ります。

間もなく7〜8㌔地点で1人発見!スタートで飛び出していった彼です。

追い抜いてやると、すぐに抜き返し前に出ます。しばらく背中を追い、10㌔過ぎたところで抜き去ってやりました。(この時4分45秒ペースに落ちてる)

この辺りから「シーサイド」の名の通り、海の見えるコースになりジョギングなら気持よく走れそうです。今は「ゼーハーゼーハー」状態で苦しいっす!

12〜3㌔地点でもう一人発見!RUN歴は短いものの、今年前半からメキメキ力を付けてきた40歳代のホープ。抜き際に、お尻を”ギュッ”と触って、戦意喪失作戦。

若洲ゴルフ場の裏のテトラ堤防をどん詰まりで折り返し、復路15㌔を通過する頃には身体は限界、止まって仕舞いたい気持ちに駆られ始めます。(ペースは4分50秒台に)

呼吸は究極の「ゼーハーゼーハー」状態ですが、この時点で仲間内での1位です。ペースは5分に近づいており、なんとか4分50秒に戻したい!

16㌔付近、並んで話かけるやつが居る、ハーフはそんなに速くないだろうって思ってたやつ。スタートから淡々と走り、余裕で抜き去って行きました。すでに私には追いつく力は残っていません(-_-;)

結果は 「1時間43分44秒」昨年より3分20秒の遅れです。遠すぎる100分切り!

年齢との競争も有り、あまりのんびりしていられません。

来年は1月に「千葉マリンマラソン」(ハーフ)で幕開けです。


 

 

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-3641-9950

FAX: 03-3641-9910

email : info.nakapri@gmail.com

営業時間

8:30 ~ 17:30 (月~土)