GP認定審査終了

2013年11月より2014年4月にかけ、東印工組による「GP認定講習会」があり、計4回の講習(1回4時間以上やります)で、最終回は会社別に作成した申請書をチェックし、OKとなるとそのままGP事務局への申請が出来るようにしてくれました。

環境推進工場の時の手順書が流用出来るとはいえ、GPの要求事項は濃く、認定審査には現地審査があるので、掲示物の整備、追加や雑然と置かれていた荷物を整然と片付ける等、対応に追われました。

また、昨年より認定項目に、「安全衛生」「災害時の対応」の2項目が追加され、添付する資料作りはけっこう大変でした。

現地審査は、事前に「審査計画書」「工場の概要説明書」「不足資料の準備依頼」等がメールにて届き、当日に備えておきます。

当日は9時から計画書にそって進められ、午前中は提出済みの「GP認定申請書」の内容のチェックに割かれます。

初回会議30分は和やかにすすめられますが、本題に入ると一変!

客観的に見ていく中、厳しい口調で指導される場面も有りました。

午後には、工場の外、周囲、中とくまなくチェックしながら、写真をたくさん、そう、たくさん撮っていました。

最後の会議で、いくつかの追加資料の要求と、インキ棚の荷崩れ防止策を指摘され、後日資料と対策後の写真を送る事になりました。

16時までの予定でしたが、15時過ぎに終了。

 

 

 

 

現地審査終了一週間ほどで、追加の資料等を送付させてもらい、その後審査員の方より、「全ての確認が終了しました」とメールが入りました。

実はこのあと、6月に「認定委員会」があり、様々な業種の認定委員の前で、今回審査くださった審査員の方がプレゼンをするのだそうです。

ここで認定をもらえて、始めて「GP認定工場」となります。

あと半月ほど、おとなしく結果を待ちたいと思います。

 

お問い合わせ

TEL: 03-3641-9950

FAX: 03-3641-9910

email : info.nakapri@gmail.com

営業時間

8:30 ~ 17:30 (月~土)